2010年01月22日

一方的報道「よろしくない」=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は20日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で情報源を「関係者」と秘匿した報道について「記事の中身によっては公平でなくなるものもあると思う。利害が相反する場合、一方的に報じることはよろしくないのではないか」と指摘した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ニューハーフと「結婚」、群馬の消防職員懲戒免(読売新聞)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
「不用品片づけます」で高額請求  警視庁、無許可ごみ収集業者8人逮捕(産経新聞)
posted by イダ カズユキ at 14:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。