2010年02月24日

<原口総務相>裏金、行政評価対象に 「全府省調べたい」(毎日新聞)

 原口一博総務相は17日、総務省で開かれた「行政評価機能強化検討会」で「今まで当たり前だった間違った当たり前がある」と述べ、外務省や検察庁、全国各地の警察などで疑惑が指摘された行政機関の「裏金」問題について、行政評価の対象とする考えを明らかにした。会議終了後、原口氏は記者団に「裏金があるかどうかを含めて、全府省を対象に調べたい」と述べた。

 裏金問題を巡っては、01年に外務省がホテル代などを水増し請求して裏金をプールし、職員の飲食費に利用していた問題が発覚。また、収賄罪などで実刑が確定した三井環(たまき)元大阪高検公安部長が、公判などで検察幹部による調査活動費の不正流用疑惑を証言している。さらに、全国各地の警察では、捜査報償費の裏金作り疑惑が相次いで明らかになってきた。

 ただし、鳩山内閣は検察庁の調査活動費について「適正に執行されているので(裏金流用疑惑の)調査をする必要はない」との答弁書を閣議決定しているため、原口氏の意向とは矛盾している。

 この日の会議では、3月末までに行政評価の機能を強化するためのプログラムを策定する方針を確認。昨年11月の行政刷新会議の「事業仕分け」では、行政評価の抜本的な機能強化が決まっている。【石川貴教】

【関連ニュース】
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
原口総務相:「関係者によると」発言…報道介入の意図なし
原口総務相:検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明
原口総務相:国際オペレーター継続を KDDIに要望
小沢氏団体不透明会計:小沢氏国会招致、「一般論で必要」--原口総務相

「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会(医療介護CBニュース)
雑記帳 「天橋立まるごとフリーパス」サービス(毎日新聞)
温室ガス衛星のデータ提供へ=宇宙機構と国立環境研(時事通信)
関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)
天井に飛ぶ乗客、渦巻く悲鳴…乱気流の機内(読売新聞)
posted by イダ カズユキ at 14:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。